スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

いずみの学校ファクトブック

いずみの学校ファクトブックあります!

いずみの学校ファクトブック
―シュタイナー教育の実践記録2003~2005―
「いずみの学校は、どんなことを学ぶのですか?」
「いずみの学校では、どのような実践をされているのですか?」

今までいろいろな方からこのような質問をされ、十分なお答えをできないでおりました。私たちの学校の実践を生き生きと伝える本を作りたいと思いたってから、2年半の月日を経て、
2005年8月に手作りの初版本40冊を作成。

さらに、見やすくするために手を入れて、このたび、広く皆さまにお手に取って頂こうと増刷いたしましたので、ご案内いたします。

続きを読む »

スポンサーサイト

2008/01/02 18:41 | 学校からの報告  TOP

学びの力を育む恵まれた環境

北海道ならではの恵まれた大自然の中、
子どもたちはのびのびと感性を磨き、
学びの力をたくましく育んで行きます。


学校の様子はこちらから・・・

続きを読む »

2008/01/02 18:35 | 学校の紹介  TOP

学校の歩み

【沿 革】
1999 年 4 月 「いずみの学校」土曜クラスを北海道伊達市にて始める
1999 年 10 月 「いずみの学校」全日制を伊達市西関内町にて開始する
2001 年 12 月 特定非営利活動法人として北海道から認証を受け、伊達市松ヶ枝町に移転する
2003 年 4 月 名称を「NPO法人シュタイナースクールいずみの学校」とする
2006 年 11 月 構造改革特別区域計画「豊浦『自然と芸術』教育特区」認定
2008 年 3 月 学校法人北海道シュタイナー学園 設立
2008 年 4 月 北海道シュタイナー学園いずみの学校 初等部・中等部 開校

【児童・生徒数】 定員126 名(1~9 年生各学年1 クラス・各14 名・男女共学)


bg2.jpg

2008/01/02 15:40 | 学校の紹介  TOP

学校地図

地図


郵便番号 049-5411

北海道虻田郡豊浦町字東雲町83-2

学校法人北海道シュタイナー学園
TEL/FAX 0142-83-2630

8:30~16:30





大きな地図で見る

2008/01/02 15:25 | 学校の紹介  TOP

メインレッスンで集中学習

メインレッスン一つの課題/テーマを 集中学習します

jugyo3.jpg

jugyo1 国語・算数・理科・社会などは、メインレッスンという授業の中で一つの教科の一つのテーマを毎朝2時間、3~4週間集中的に学びます。

別のテーマに取り組んだ時は、以前に学んだことを、意識の中から遠ざけ、ゆっくり消化させる時間を置き、表層の知識や小手先の要領ではない、応用のきく生きる力となることを意図します。

子どもたちは学んだことを、メインレッスンノートと呼ばれる大判のノートに色鉛筆やみつろうクレヨンを使って絵や文章を書きます。
その過程において感情が伴った深い学びを自分のなかに刻んでいきます。

ひとつのメインレッスンが終る頃には内容のぎっしり詰まった世界でたった一つの学びのノートが出来上がります。

専科の授業においてはメインレッスンの授業との関連を持たせた授業や、より専門的な授業を展開します。



自分で作る学びの書『メインレッスンブック』 メインレッスンブック1

学びの力を育む(学校の様子はこちらから)

いずみの学校の教育プログラム

2008/01/02 14:09 | 教育プログラム  TOP

お問い合せはこちらから

新入生/転入生募集のご案内

「いずみの学校」では、共に育ちあう“仲間”を、お待ちしています。
お子さまの学びの場として考えていらっしゃる方は、一度お問い合わせ下さい。出来る限り私たちがお手伝いさせていだきます。



climbing2.jpg

続きを読む »

2008/01/01 00:03 | 入学のために  TOP

教育プログラム

子どもの心と体の成長に合わせたカリキュラムを実践します

子どもの心と体の成長に合わせたカリキュラムを実践します。 年齢ごとに特有の心と体の状態があるのと同じように、子ども一人一 人についてもその心と体の状態は様々です。
子どもの状態にふさわしい 教育を行う事で、子ども一人一人が 最も効果的に深く学ぶことができる と考えています。


続きを読む »

2008/01/01 00:02 | 教育プログラム  TOP

こんにちは!いずみの学校です

hitsujigari

 いずみの学校が実践するシュタイナー教育は、あらゆるもののつながりと調和を大切にし、『生きた学び』をすることを重視します。
ここには、北海道ならではのダイナミックな自然があり、その自然と共存してきた人間の叡智が息づいています。
北海道には、子どもが人として生きていくために必要な生きた教材が豊富にあります。
山、川、湖、海や森、そしてそこに生息する魚や動物たちとの出会いや人々の命を支える農業、漁業、酪農の仕事の場、生活の場。

地域の魅力を生かし
頭と心と体をつかって学びます


その豊富な教材をその年齢にあわせて頭、心、体すべてを使って直接体験することを授業の中に多く取り入れています。
周りの世界と直接的で多面的なつながりをもつことで、知性と豊かな感性と行動力を兼ね備えた人に育てていきます。

続きを読む »

2008/01/01 00:01 | 学校の紹介  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。