スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

お洗濯

秋もだんだん深まり、楽しんでいた園庭での水遊びも、終わりになったので、
室内でも水と親しむ活動はないかと考えていました。

ある日、保育後におもちゃを片付けていて、お人形の服が汚れてきているのに
気がつきました。その時に、去年園児のお母さんが洗濯板を作って寄付して
くださったのを思い出し、その洗濯板でお人形の服を洗うことにしました。

ステンレスの桶に石鹸水を作り始めると、子どもたちはいつもと違う様子に
すぐ気が付き、「何するの?」とそばに寄ってきました。

「お人形のお洋服を洗うんだよ。」と言うと、「やるー!」と張り切った声を
口々にしていました。

お洗濯


力をこめてゴシゴシ洗えば洗うほど、泡がたって、子どもたちは夢中でした。
1枚終わるともう一枚、また1枚終わるともう一枚と、汚れものがどんどん
減っていきました。

かつてはお家でお母さんが、家族の洗濯物を1枚1枚洗っていましたが、
やってみると、結構力を必要とされます。
この時ばかりは、座って手仕事をする事よりも、体をたくさん動かして
遊ぶ方が好きな子どもも、集中力を発揮して、一生懸命取り組んでいました。

いつも楽しく遊んでいるおもちゃを、きれいに手入れして、気持ちもスッキリしました。

干せました

スポンサーサイト

テーマ : 幼稚園 - ジャンル : 育児

2011/11/13 20:08 | こどもの園COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。