スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

こんにちは!いずみの学校です

hitsujigari

 いずみの学校が実践するシュタイナー教育は、あらゆるもののつながりと調和を大切にし、『生きた学び』をすることを重視します。
ここには、北海道ならではのダイナミックな自然があり、その自然と共存してきた人間の叡智が息づいています。
北海道には、子どもが人として生きていくために必要な生きた教材が豊富にあります。
山、川、湖、海や森、そしてそこに生息する魚や動物たちとの出会いや人々の命を支える農業、漁業、酪農の仕事の場、生活の場。

地域の魅力を生かし
頭と心と体をつかって学びます


その豊富な教材をその年齢にあわせて頭、心、体すべてを使って直接体験することを授業の中に多く取り入れています。
周りの世界と直接的で多面的なつながりをもつことで、知性と豊かな感性と行動力を兼ね備えた人に育てていきます。






北海道シュタイナー学園いずみの学校 開校にあたって

「世界に愛をもって関わっていける、ひとりひとりの力を育もう!」
熱い思いを抱えた大人達が集まって、1999年いずみの学校は誕生しました。
いずみの学校はNPO法人を含め、9年間の実践を重ねました。
2008年4月、北海道虻田郡豊浦町とともに「豊浦『自然と芸術』教育特区」を申請し国から認定されました。
小・中一貫の私立学校として、北海道シュタイナー学園いずみの学校が誕生したのです。
世界に広がるシュタイナー学校の一つとして、豊浦の恵まれた環境の中、子どもたちに生き生きとした学びの場を提供しています。


snowangya.jpg



いずみの学校教育プログラムご紹介


北海道シュタイナー学園いずみの学校HPはこちら

☆このHPに掲載されている文章、写真の引用、掲載をおことわりします。
スポンサーサイト

2008/01/01 00:01 | 学校の紹介  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。