スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

こどもの園 フラワーフェスティバル

先日行われた、フラワーフェスティバルの様子です。
春が来て、花や緑の季節が再びめぐってきたことをみんなでお祝いする、大切な年間行事の一つです。園庭に水仙、さくら、たんぽぽ・・・・・・、いろいろな花が咲くようになると、こども達もお花をつんだり、花びらケーキを作ったり、ミツバチのようにみつ吸いに夢中になったりと、遊びがより豊かになってきます。そしてフラワーフェスティバル!心待ちにしている年長さん、初めて迎える年少さん、今年は親子クラス「ウポポ」からの参加家族もいっぱいで、にぎやかなお祭りになりました。
 
おうちや野山から摘んできたお花をいっぱい持ってこども達が集まりだすと、素朴で優しいリコーダーの演奏が始まり、花冠作りが始まります。うちの息子がリコーダーに合わせて「はなかんむりつーけて、おーどろーおーどろう」と思わず口ずさみ、急に恥ずかしくなってもじもじする様子がとてもかわいらしかったです。パッと目立つ花を選ぶ子、小さいお花ばかりを選ぶ子、どれにしようか迷ってわからなくなって、お母さん任せにしてしまう子、お友達と同じものを選ぶ子、見せる表情は様々ですがみんな楽しそうです。

花冠ができあがったら、フラワーポールを囲んでライゲン、そしてテープを持ってぐるぐるぐる・・・、今度は逆向きにぐるぐるぐる・・・。うちの子はこれが大好きで、去年のテープの色まで覚えていたようです。
園児の次は、大人がテープを持ち、テープを編み上げていきます。時計回りの人とその逆の人とで向かい合わせになり、外側内側と交互にテープをくぐったりくぐらせたり。動作は単純ですし動きもゆっくりなのですが、二、三人のこども達と手をつなぎながら回ると、途中で止まったりあらぬ方向へくぐったりけんかしたり泣き出したり・・・・・・、大人も混乱してくぐるのかくぐらせるのかわからなくなってしまいます。そして一人が止まるとみんなつまって「???」
いろいろ苦労しながらも、今年も無事にポールが編みあがりました。

ポールダンスの様子

体を動かした後はおまちかねのランチタイム!園庭にシートを広げて、先生と保護者で用意したスープとパンをいただきました。今年は高等部の生徒達が手塩にかけて育ててくれたイチゴもたくさん実って、皆でおいしくいただきました。庭で食べていてもぽかぽかお日さまが暖かく、食事はとてもおいしく、ようやく北海道にも春が来たことをここでも実感しました。
遊具、畑、花壇、庭木、柵・・・・・・、ここに園が移ってから、毎年その時の先生と園児と保護者で少しずつ作ってきた園と園庭、そこにまた春を迎えられて、皆でそのお祝いができることに感謝と喜びを感じたフラワーフェスティバルでした。

フラワーポール

スポンサーサイト

テーマ : 幼稚園 - ジャンル : 育児

2011/06/19 22:27 | こどもの園COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。